――最初に大手町病院での研修の特徴から教えていただきたいんですけども、よろしくお願いいたします。

山口:当院はですね、もう20年以上、スーパーローテート方式の研修をやっておりまして、非常に実績があります。で、病院としては救急病院なものですから、研修の特徴もやはり、救急のところの力がつくというのが一番の特徴です。今まで来られた先生も、将来科にかかわらず初期の2年間は救急の力を付けたいというような方が応募されておりますね。

――先生自身が、そういう研修医の方と向き合って指導される上で心掛けていらっしゃるものがあれば、教えていただきたいんですが。

山口:初期研修はですね、実は必修化されてからまだそんなに期間がたっていませんので、それまでに臨床研修をやっていた病院とやっていない病院とかなり幅があるんですね。で、当院は優秀な臨床医を育てるということを目標にしていますので、初期の研修医の先生であっても自分で患者さんを担当していただいて、最初の問診のところから診察、そして検査プランを立てて、退院のところまでを研修医の先生が主役でやっていただくと。我々の指導医は、それを後ろからサポートすると、そういうところを心掛けてます。

――インタビューさせていただいた研修医の高橋慧先生が、尊敬する医師の方で山口先生の名前を挙げてらっしゃいました。

山口:指導医だったので。

――本当になんでも聞きやすい雰囲気なんだということをおっしゃってましたけど、そういう医局の雰囲気づくりについては、先生自身はどういうふうに考えられてますでしょうか。

山口:そうですね。確かにうちはもう研修が長いですし、結局今のスタッフの医者も多くはうちで研修をしてるんですね。なので、今、一般的に言われているのは、スーパーローテートから始まった問題は、自分の科に来ない研修医をどう教えるのかということがあるんですけども、そこはうちの医者っていうのは、自分が研修医のときにいろんな科の先生から分け隔てなく教えてもらっているという経験をしてますので、そこのところはもう私が何かするまでもなく、文化として根付いているのではないかと。

――科の垣根が低いという。

山口:垣根が低いですし、何科の医者でも、何科の研修医でも教えるみたいな、そういう感じですね。

――なるほど。これから先、どんな研修医を育てていきたいというふうにお考えなんでしょうか。

山口:今、初期研修が2年間ということになって、うちは後期研修も合わせて、もともと5年間ということでプログラムを組んでたんですね。でも、今は初期、後期と分かれてしまったので、うちでも例えば、初期を大手町で2年間やって、後期は自分のやりたいところに行くという研修医の先生も多いんですけど、その最初の初期2年間でいうと、救急っていうのは、¨反射神経¨なんですね。あんまり考えてる暇がないので、こう来たらこう、こう来たらこうという感じで、反射的に動けないといけないんで、そういう反射神経を養いたい。それから、将来、その研修医の先生が何科になろうとも、ある程度基本的な初期対応ができるようになっていただきたいというふうに思ってます。

――その“反射神経”を養うためには、どういったことが必要になってくるんでしょうか。

山口:それはすごくいい質問ですね。やはりきちんとした指導体制の本で多くの患者さんを経験するというのが必須ですね。

――そういう環境と機会が、この病院には備わっているということですね。

山口:そうですね。で、反射神経を養うには、やっぱりある程度忙しくないと難しいです。ノンビリやっていては、反射神経は身に付かないので、そういう意味である程度忙しい中で、バタバタとしながら研修をしていくっていうのがうちのスタイルですね。

――次に、先生自身のお話もお伺いしたいんですが、先生がこれから先、10年、20年スパンでも結構なんですけども、これからの目標や夢などあれば、ぜひ教えていただきたいんですけども。

山口:そうですね。いろいろあるんですけども、うーん。うちもずっと長いこと研修をやってますし、今、そこそこ人気もありますので、一流の臨床研修病院だとは思っています。なので、今後は¨超一流¨の、日本に名だたるような臨床研修病院になるようにしたいと思います。

――そのためには、何が必要になってくるんでしょうか。

山口:大手町病院のもう一ついいところは、かなり研修システムがフレキシブルで、それから、研修医からもいろんな意見を挙げることができるような、つまり研修医も「こういうとこを変えてほしい」という発言ができるシステムなんですね。で、われわれもそれに柔軟に答えてますので。このかん、いろいろなシステムをだいぶ変えてきました。そうやって、その時々のニーズに応じて、研修システムを変えていくことかなというふうに思います。