7月25日、夏の医師体験第1回目を開催しました!今回は9校から計32名の高校生が参加してくれました。

 なんと、県外や市内遠方からもたくさん参加してもらえました。みなさん目がキラキラしていて輝いていました。その様子をレポートしていきます。

まず最初のレントゲン読影会では角銅Drが患者さんの生活背景も踏まえた講義を行いました。

学生さんからは「ココが白くなっていておかしい!」、「心臓が少し小さいんじゃないかな?」との鋭い反応に、レントゲンから見える所見ついて角銅Drが解説をしました。

 

また、無保険で他の病院を断られた患者さんのバックグラウンドや千鳥橋病院の無料低額診療制度について、福島の除線作業にたずさわったか方の話などが語られました。

すると学生はうなずきながら、そんな困難を抱えている人がいるんだと驚きの声をあげていました。

 

その後は血糖値、血圧測定です。

血糖値測定では指に針を刺して行いますが、始めは怖がっていた学生さんも「糖尿病の患者さんはこれを毎日しているんだよ。」と伝えると患者さんの気持ちを知りたい!と意気込んで取り組んでいました。

 

昼食休憩では様々な学校から来た学生さんが楽しく交流をしていました。

 

午後からは医学生・医師からのメッセージ。

九州大学4年生のT君と、当院の初期研修医が担当してくれました。

高校生からするととても身近な存在で自分の将来が描けたようです。

高校生らは「漠然と医師になりたいと思っていたが、今回実際に医師や医療スタッフの話を聞いて一層夢に向かって頑張りたいと思えた」等の感想が寄せられました。

 

そしていよいよ医師体験も終了の時間を迎えました。

最後の記念撮影では、皆さん充実感に溢れた顔をしていました。また春休みの一日医師体験でもお待ちしています!

 

夏の医師体験第2回目は8月22日に開催します。皆さんにお会い出来るのを楽しみにしています!

(医学生担当 E)

 

千鳥橋病院では2016年夏休み一日医師体験を下記の日程で開催します。
医学科進学を皆さんへ「夢をカタチに」その声を応援します!

日時
①7月25日(月)
②8月22日(月)
9時40分から14時40分 *受付9時10分~
*医学科受験対策参加希望の方は15時40分終了予定です。

会場
千鳥橋病院 福岡市博多区千代5丁目18-1
集合場所:ちどりビル2階 会議室(千代診療所裏)

内容
病院探検、血圧・血糖値測定、レントゲン読影、医師・医学生からのメッセージ
*希望者のみ医学科受験対策、グループディスカッション
内容は変更する場合がございます。

詳細はこちら。
http://www.chidoribashi-resident.jp/igakusei/ishitaiken.html

 

千鳥橋病院が所属する福岡・佐賀民医連では、第1回福岡・佐賀地域医療サークル~福岡・佐賀の地域医療を考える~を開催します。

開催日:2016年7月2日(土)

会 場:JR博多シティ10回 B会議室

対 象:将来、医療介護関係者になる福岡・佐賀の医系学生・研修医

 

第1部|15:30~17:00

テーマ: 地域包括ケア」高齢者医療や今後の地域医療を考える

講 師: 田中清貴医師(医療法人親仁会 みさき病院 院長)

 

第2部|17:00~18:00

ディナーミーティング

進行: 有馬泰治医師(公益社団法人福岡医療団 千鳥橋病院 総合内科/九大2002年卒)

 

お申し込み

千鳥橋病院 医学生担当 木村

TEL:092-651-2167(直通)

千鳥橋病院では下記の日程で地域医療セミナー2016を行います。4月入学予定の新入生も大歓迎です。新1年生~新4年生を対象に地域医療と自分の医師像を「本気」で考える企画を準備しています。

 Part1 テーマ 「震災医療を考える」 

災害翌日から被災地へ駆けつけた民医連の医師。千鳥橋病院からも多くの医師が支援に行きました。その後も継続した支援を展開。その経験を皆さんにお伝えします。

日時:2016年3月11日(金) 8:10AM 集合

集合場所:千鳥橋病院東館1階

内容:講義 震災直後の福島と現在の福島について

    災害食試食会

    選択病院実習(内視鏡、ER、外来、研修医密着からお選びください)

    感想交流

    懇親会(医局内)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Part2  テーマ「高齢者を診ること~地域で求められるもの~」

迫りくる「2025年問題」ますます医療者は高齢者を診る機会が増えてきます。

その中で医師として現場で求められること、患者側から求められること、

その学びの場を提供させていただきます。

*2025年問題とは・・・団塊の世代と呼ばれる人口分布の高い年齢層が65歳以上を迎えて国の医療費や介護費を圧迫することが懸念される問題。

日時:2016年3月17日(木)8:10AM集合~18日(金)13:00(1泊2日:交通費・宿泊手配あり)

集合場所:千鳥橋病院東館1階

内容:講義「高齢者の診かた」

     患者さんへの問診・聞き取り

     他職種との交流(内視鏡・ER・外来・研修医密着)

     まとめ・発表

     1日目終了後、懇親会あり。

お申込みは、メールフォームからどうぞ。

http://www.chidoribashi-resident.jp/toiawase/

内容に「3月〇日地域医療セミナー(申込またはお問合せ)」とお書き添えください。

<お問合せ>

千鳥橋病院 医学生課(担当:木村・江里・寺田) 

TEL:092-651-2167 

 

2015年春に入職した研修医4名が、この1年間の研修ローテートの中で、各職場・多職種の方々に支えられて学んだ経験を「心に残った患者さん」発表会で研修のまとめとして発表します。医学生、医学部を目指す予備校生、高校生の皆さんのご参加も可能です。多数のご参加をお待ちしています。

日 時:2016年2月16日(火) 18:00〜19:30

場 所:ちどりビル2F 大会議室(千代診療所隣)

発表者:1年目研修医4名

 

当日は、4分割カンファレンス後、研修医4名の「心に残った患者さん」の発表を行います。

お問い合わせ先:千鳥橋病院 研修担当 横大路(よこおおじ)・号刀(ごうなた)

TEL:092-651-2167(直通)

 

医学科進学をめざす皆さんへ千鳥橋病院では下記の日程で、「春休み一日医師体験」を開催します。

日時

① 3 月 22 日(火)

② 3 月 28 日(月)

9 時 40 分~15 時 40 分 *受付 9 時 10 分~

*医学科受験対策参加希望の方は 15 時 40 分終了予定です。

集合場所

①ちどりビル 2 階会議室 (千代診療所裏)

②FHK ビル 3 階会議室  (ちどり薬局のビル)

会場

千鳥橋病院  福岡市博多区千代 5 丁目 18-1

内 容

病院探検、血圧・血糖値測定、レントゲン読影体験 医師からのメッセージなど

*希望者のみ:医学科受験対策(グループディスカッション)

*内容は変更する場合がございます。
*日程により会場が異なります。

お申込み・お問合せ

千鳥橋病院 医学生担当 TEL:092-651-2167(直通)

お申込みフォーム

http://www.chidoribashi-resident.jp/moushikomi/

11月14日(土)に千鳥橋病院で行われた赤ちゃん同窓会に福岡・佐賀民医連奨学生のTくん(九州大学3年)がボランティアとして参加しました。
産婦人科にも興味があるというTくんは赤ちゃんとの接しかたも上手で、たくさんの赤ちゃんがりに集まっていました。
この日は看護学生や高校生のボランティアも参加しており、その学生との交流もありました。
Tくんは用意されていたゼリーとマフィンを赤ちゃんに配ったり、ハイハイレースのスターターも務めるなど、積極的に参加してくれました。
Tくんは参加した感想として「やっぱり子どもはとても可愛く元気をもらえた。子育てに疲れているお母さんもいると思うけど、こういう場で悩みを共有できたり、病院のスタッフに相談できたりするのはとても良いことだと思う。自分は将来的には赤ちゃんからお年寄りまで診察できる医師になりたい」と語っていました。
今回赤ちゃん同窓会にボランティアとして参加し、Tくんにとって自分の将来の医師像の参考になると共に、子育てをする親の気持ちを学ぶ機会になりました。

11月19日(木)に九大医系学生サポートセンターにて、医学生ミーティングを行いました。その中での学習会として、現在千鳥橋病院で総合内科と産婦人科を研修している、鹿児島生協病院2年目研修医の藤本Drより「初期研修の楽しみ方」というテーマで研修報告をして頂きました。

 

藤本Drは、九州大学卒で鹿児島民医連の奨学生。九大サポートセンターには低学年から来ており、様々な学習をしていました。

6年生の学生とも交流があり、和やかな雰囲気での学習会でした。内容については、自己紹介から始まり、研修期間で学んだ事や、研修を通して医師として大切にしたい姿勢などが紹介され、学生達も真剣に聞き入っている様子でした。

報告後に学生から藤本医師に「どの専門科に進む予定ですか?」との質問がありました。それに対して、藤本Drは、「色々な科を研修するので、研修する毎にその科の魅力に触れるため、まだまだどの科へ進むか決められない。」と笑顔で答えていました。

千鳥橋病院の有馬Dr(総合内科)も「大学の実習で診る患者さんと市中の病院で診る患者さんとは違うので、同じ科の研修でも違う印象を受けるから、研修する中でも変わってくることはある。」とのことでした。また、学生から「4年間一緒に活動してきた先輩が研修医として活躍している姿を見て、感慨深かったです。」との声もあがりました。身近な先輩が医師として働いている姿を見て、未来像を掴んだのではないかと感じました。

2017年から新専門医制度が始まるため、学生も専門医資格についての関心が高いようです。最後に、藤本Drから「初期研修2年間は医師としての姿勢を学ぶ大事な期間でもあるので大切にして欲しい。」との言葉が学生に送られました。

 

医系学生のみなさん、「KOMSA (九州沖縄医学生のつどい)」のお知らせです。

千鳥橋病院が所属する九州・沖縄の民医連では、毎年九州・沖縄の医学生が集まり、様々なテーマについて学び、交流をする医学生のつどい(KOMSA;Kyushu Okinawa Medical Students Association) を行っています。

今回で18回目を迎える今年は、「10年後の医療を考える」と題して、予防医療と地域包括ケアについて学びます。

参加費は無料です。2日間のうち、1日だけの参加も可能です。

興味・関心のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせ、ご参加ください。

これまでのテーマ

2012年「基地問題について」(開催地:沖縄)

2013年「貧困とヘルスプロモーションについて」(開催地:福岡)

2014年「医療とパートナーシップについて」(開催地:宮崎)

 

日 時:10月24日(土)13:30~25日(日)13:00

場 所:佐賀・川上峡温泉 ホテル龍登園

佐賀市大和町大字梅野120

内 容:講演「家庭医・患者での視点で地域包括ケアを学ぶ」

医学生持ち寄り企画「予防医療」

講 師:唐津市民病院 院長 大野毎子医師

神野診療所  所長 香月彰夫医師 ほか

主 催:全日本民医連九州沖縄地方協議会

 

お問い合わせ・お申し込みは、千鳥橋病院 医学生課まで。

http://www.chidoribashi-resident.jp/toiawase/

〇各大学の医系学生サポートセンター

http://www.chidoribashi-resident.jp/igakusei/support.html