医学科進学をめざす皆さんへ千鳥橋病院では下記の日程で、「春休み一日医師体験」を開催します。

日時

① 3 月 22 日(火)

② 3 月 28 日(月)

9 時 40 分~15 時 40 分 *受付 9 時 10 分~

*医学科受験対策参加希望の方は 15 時 40 分終了予定です。

集合場所

①ちどりビル 2 階会議室 (千代診療所裏)

②FHK ビル 3 階会議室  (ちどり薬局のビル)

会場

千鳥橋病院  福岡市博多区千代 5 丁目 18-1

内 容

病院探検、血圧・血糖値測定、レントゲン読影体験 医師からのメッセージなど

*希望者のみ:医学科受験対策(グループディスカッション)

*内容は変更する場合がございます。
*日程により会場が異なります。

お申込み・お問合せ

千鳥橋病院 医学生担当 TEL:092-651-2167(直通)

お申込みフォーム

http://www.chidoribashi-resident.jp/moushikomi/

今年4月に千鳥橋病院に入局した1年目医師4名が、ふくおか健康友の会のマーガレット班会に5月27日初めて参加しました!研修医は初めての班会にドキドキでしたが、班の方からお赤飯と手作りお菓子プレゼントもいただき、健康講座や質問コーナーなどで楽しく交流することができました。

翌週6月3日にはパピヨン班会に2年目医師1名と1年目医師4名が参加し、昼食に親子丼をいただき、自己紹介や脳トレをして班員の方と交流しました。班員の方からは、「優しいお医者さんになってください」というお言葉もいただきました。

1年目医師はこれから2年間班員としてマーガレット班会(福岡市東区名島)、パピヨン班会(福岡市博多区千代)に参加します。研修医にとっては、病院から出て、地域の人の声を直接聞く、患者さんや患者さん家族の思い、悩みを聞くことで、病気を診るだけでなく、患者さんの生活や背景を知る貴重な経験にもなります。

 

病院の理念でもある、「安心・安全・信頼の医療」、「安心して住み続けられるまちづくり」、そして「HPHヘルスプロモーション活動(患者、地域、職員の健康づくり)」のためにも、1年目から班会に参加することで大きな学びの場となっています。

また、友の会会員のみなさんは、病院の健康まつりや、研修医の研修修了式、医療の質向上集会等病院の行事などにも参加してくださり、研修医や医師たちをいつも温かく見守り励ましてくださっています。

友の会のみなさん、これからどうぞよろしくお願いします!

 

千鳥橋病院では、311日に「阪神大震災20年、3・11メモリアル」として、現在の被災地の様子や、福島の医療支援に参加した医師からの報告、そして医師とふくおか健康友の会会員による合唱などの企画を予定しています。

 みなさんの想いをひとつに、「震災を忘れない」を確認しあう企画になればと思っています。

支援に参加された方や参加したくてもできなかった方など、震災復興を願うみなさん、是非ご参加ください。

◆日時:311日(水)12501320

◆場所:HPH情報センター(千鳥橋病院東館1階)

 ~プログラム~

〇宮城の現状報告    舟越医師

〇福島支援レポート   竹内医師

〇合唱   花は咲く・早春賦・ふるさと

3月末に初期・後期研修修了式を開催しました。今年は2年目研修医3名、後期研修医2名が研修を無事修了しました。当日は多職種を含め約80名の参加となりました。修了式では、2年目研修医の研修の日々を綴った動画を流し、2年間を振り返りました。

修了を迎えた各研修医からは、初期・後期研修を振り返っての発表と、スタッフへ感謝の想いを述べました。最後に研修委員長角銅しおり医師より激励の言葉と、医局長江島泰志医師、副院長山本一視医師より修了証が授与されました。

研修修了者全員が、今後も引き続き千鳥橋病院で勤務することになっており、医師として日々励んでいくことと思います。

千鳥橋病院の医療安全推進委員会主催の全職員集会が開催されました。

今回のテーマは「チーム医療とは~エビデンスに基づいたチームトレーニング!チームSTEPPS~」です。

病院では、医師、看護師、薬剤師、栄養士、調理師、検査技師、リハセラピスト、臨床工学技士、医療社会福祉士、事務など様々な職種が各教育課程で個人の知識やスキルを学んでいますが、医療の現場ではそれらがチームとして働き、患者様の安心安全を最優先に治療に携わっています。

全職員が医療の現場において「私たちは本当にチームとして機能できているか」、「チームとして機能するためにどうしたらよいか」について「Team STEPPS」*という患者安全のためのチームトレーニングのツールと戦略に基づいて学びました。

参加した1年目研修医も積極的に声かけをしてリーダー役を果たしていました。これからも患者さんの命と健康を守るために千鳥橋病院では「チーム医療」の訓練を続けてまいります。

【参加者の声】

・情報の発信と共有、振りかえりを「繰り返し訓練」することが大切だと思った。

・コミュニケーションや連携などの大切さを学んだ。医療は一人ではできないので、同職種はもちろん他職種の人達とも連携をとってよりよい医療を患者さんに提供していくことができるとよいと思った。

・様々なゲームや映像を通してチームワークの大切さ、意識の共有の重要性を楽しく学ぶことができた。

*Team STEPPS (Team Strategies and Tools to Enhance Performance and Patient Safety:医療のパフォーマンスと患者安全を高めるためにチームで取り組む戦略と方法)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千鳥橋病院 後期研修のページ「ちどり de 後期研修」リニューアルしました。

●地域医療の現場で活躍できる専門医に成長したい方

●総合診療、家庭医方面にすすもうと思って研修先を探している方

●後期内科系総合研修「とおりもんプログラム」のご紹介

などを掲載しています。

http://www.chidoribashi-resident.jp/kouki/