千鳥橋病院では、毎年米国ニューメキシコ州立ニューメキシコ大学より医師を招き、初期研修医対象の勉強会を開催しています。
今年は、乗井達守医師と2011年以来の訪問から6年ぶりにPeter Barnet医師 がお見えになります!
症例カンファレンスや多職種向けのレクチャーを予定していますので、見学ご希望の方は、下記までご連絡ください。

日時:2017年10月30日(月)~11月2日(木)
会場:千鳥橋病院

スケジュール

10月30日(月)
13:30 千鳥橋病院到着
14:00-16:00 神経症例カンファレンス 山下医師 江島医師
17:00-18:00 記念講演「研修医のメンタルヘルス」

10月31日(火)
9:30-12:00 ER症例カンファレンス 高橋医師 尾崎医師
14:00-16:00 緩和ケア症例カンファレンス 宮森医師 平田医師
19:00-21:00 歓迎会

11月1日(水)
9:30-12:00 循環器内科症例カンファレンス 小野医師 佐々木(洋)医師
14:00-16:00 在宅カンファレンス 園田医師
18:00-19:00 多職種合同記念講演「看護師が研修医に教えるということ」、「うつと医療者」

11月2日(木)
10:00-12:00 HCU症例カンファレンス 上田医師 米村医師


お問合せ
千鳥橋病院 臨床研修課 横大路・薮内・新留
TEL:092-641-2761(千鳥橋病院代表)

今回はメインの講師に沖縄県立中部病院の高山義浩先生をお招きします。

高山先生はフリーライターとして世界の貧困と紛争をテーマに取材をされたり、国の地域医療構想のプロジェクトに関わられたりと多様な経験をされている方です!

シンポジウム企画もあり日常地域医療にあたられている医師やMSWの方ともお話を聞くことができます。
きっと学びが深まる1日になりますので是非ご参加ください!

日時:2017年6月10日(土)14時~
場:JR博多シティ 9階 会議室3
講演テーマ:「生活から学び、生活へと還元する地域医療をめざして」
講師:高山義浩先生 沖縄県立中部病院 感染症内科

<お申込み・お問いあわせ>
千鳥橋病院 医学生課
TEL:092-651-2167(直通)
https://chidoribashi-resident.jp/toiawase/

地域医療サークル170610(PDF)

千鳥橋病院が所属する福岡・佐賀民医連では、第1回福岡・佐賀地域医療サークル~福岡・佐賀の地域医療を考える~を開催します。

開催日:2016年7月2日(土)

会 場:JR博多シティ10回 B会議室

対 象:将来、医療介護関係者になる福岡・佐賀の医系学生・研修医

 

第1部|15:30~17:00

テーマ: 地域包括ケア」高齢者医療や今後の地域医療を考える

講 師: 田中清貴医師(医療法人親仁会 みさき病院 院長)

 

第2部|17:00~18:00

ディナーミーティング

進行: 有馬泰治医師(公益社団法人福岡医療団 千鳥橋病院 総合内科/九大2002年卒)

 

お申し込み

千鳥橋病院 医学生担当 木村

TEL:092-651-2167(直通)

千鳥橋病院では下記の日程で地域医療セミナー2016を行います。4月入学予定の新入生も大歓迎です。新1年生~新4年生を対象に地域医療と自分の医師像を「本気」で考える企画を準備しています。

 Part1 テーマ 「震災医療を考える」 

災害翌日から被災地へ駆けつけた民医連の医師。千鳥橋病院からも多くの医師が支援に行きました。その後も継続した支援を展開。その経験を皆さんにお伝えします。

日時:2016年3月11日(金) 8:10AM 集合

集合場所:千鳥橋病院東館1階

内容:講義 震災直後の福島と現在の福島について

    災害食試食会

    選択病院実習(内視鏡、ER、外来、研修医密着からお選びください)

    感想交流

    懇親会(医局内)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Part2  テーマ「高齢者を診ること~地域で求められるもの~」

迫りくる「2025年問題」ますます医療者は高齢者を診る機会が増えてきます。

その中で医師として現場で求められること、患者側から求められること、

その学びの場を提供させていただきます。

*2025年問題とは・・・団塊の世代と呼ばれる人口分布の高い年齢層が65歳以上を迎えて国の医療費や介護費を圧迫することが懸念される問題。

日時:2016年3月17日(木)8:10AM集合~18日(金)13:00(1泊2日:交通費・宿泊手配あり)

集合場所:千鳥橋病院東館1階

内容:講義「高齢者の診かた」

     患者さんへの問診・聞き取り

     他職種との交流(内視鏡・ER・外来・研修医密着)

     まとめ・発表

     1日目終了後、懇親会あり。

お申込みは、メールフォームからどうぞ。

http://www.chidoribashi-resident.jp/toiawase/

内容に「3月〇日地域医療セミナー(申込またはお問合せ)」とお書き添えください。

<お問合せ>

千鳥橋病院 医学生課(担当:木村・江里・寺田) 

TEL:092-651-2167 

 

現在、プライマリ・ケア連合学会の中で中心的な活動をされている、藤沼康樹先生をお招きして、講演と研修医のポートフォリオ発表大会を行います。九州・沖縄のプライマリ・ケア医が一同に集まって学習する場を準備いたしました。医学生のみなさまも参加できます。多数のご参加をお待ちしています。

日 時:2014年7月12日(土)14時~18時

場 所:千鳥橋病院 東館 2階カンファレンスルーム

内 容:1. 記念講演「家庭医療あるいは今後の総合診療医に必要となる臨床能力について」

      講師 藤沼康樹 医療福祉生協連家庭医療学開発センター(略称CFMD)

(Centre for Family Medicine Development, HCA-JCCUセンター長)

    2. ポートフォリオ大会

      大変だった、心残りがする、もやっとする経験をした症例を持ち寄って検討しましょう。

参加対象:プライマリ・ケアに関わる指導医・後期研修医・初期研修医・医学生

主 催:QOKI 全日本民医連 九州・沖縄地方協議会

*終了後に、懇親会を行います。

【お申し込み・お問い合わせ先】

福岡県民医連(担当:成富)TEL:092-483-0431  Mail:naritomi@f-kenren.or.jp

メールにてお申し込みの際は、件名に「ポートフォリオ大会」、本文に氏名、病院名または大学、学科、学年、連絡先をお書き添えください。

申込み締切:7月11日(金)

サリドマイド剤は、それを服用した人の直接作用として、神経系の障害、妊婦から重症の四肢の欠損症や耳の障害などを生じさせました。特に「妊婦にも安全」と宣伝したために妊娠時のつわりに使われ、胎児被害が増加しました。日本では、ドイツなどに比べ国の対応が遅れ、19629月にようやく販売が停止されましたが、徹底した回収はなされず、販売停止後も被害が起きました。販売停止の遅れと回収の不徹底により、被害者の数は2倍に増えたといわれています。

今回の講師である増山さんはサリドマイド事件の被害者であり、「薬そのものが悪いのではない2度と同じような被害を起こさないために」と活動されています。

サリドマイド事件の被害やその増山さんの人生、サリドマイドの再販売や一般医薬品のインターネット販売もあわせ、教科書では学べない被害者からの声を聞き、今後の活動に活かしましょう。一般の方、学生、医療に関わる方、薬害根絶の活動にかかわっている方などの参加をお待ちしています。

講 師:増山ゆかりさん (公益財団法人いしずえ 理事) 

http://www008.upp.so-net.ne.jp/ishizue/aboutthalidomide.html

日 程:516() 18:3020:00 

場 所:福岡佐賀民医連 会議室 福岡市博多区博多駅前1-19-3博多小松ビル2F 

お申し込み・お問い合わせ

http://www.chidoribashi-resident.jp/toiawase/   

件名に「薬害学習会の件」とお書き添えください。

千鳥橋病院 医学生課(松尾・山北・木村) TEL:092-651-2167(直通)

薬害学習会20140516(PDF)

 

医学部に進学される新1年生から新4年生を対象に、千鳥橋病院では1泊2日で医療現場を体験する「地域医療セミナー」を開催いたします。

日 程:2014年3月13日(木)~14日(金)

内 容:選択①(往診・訪問看護・訪問介護・緩和ケア病棟)

     選択②(研修医密着・ER・外来・心臓カテーテル検査・内視鏡・病理・心電図・

          腹部エコー・放射線科・薬剤部・通所リハビリ)

     レントゲン読影学習会

     手技(縫合・挿管など)

     交流会

定 員:6名(医学部・医学科の新1年生~新4年生)

参加費:500円

申込締切:3月3日(月)

*新1年生は締切後もご相談に応じます。

詳細はiryoseminar for1-4をご覧ください。

【お問い合わせ・お申し込み】

千鳥橋病院 医学生課(担当:松尾・木村・山北) TEL:092-651-2761

お申込みフォーム  http://www.chidoribashi-resident.jp/moushikomi/

ご質問・ご相談の欄に「地域医療セミナー参加希望」とお書き添えください。

昨年4月に入職した研修医4名が、1年間のまとめとして「心に残った患者さん」をテーマに、各職場で多職種の方々に支えられ、経験した学びを発表いたします。

日 時:2014年2月19日(水)18:00~19:30(予定)

場 所:FHKビル3階会議室 福岡県福岡市博多区千代5-18-7(ちどり薬局3F)

発表者:1年目研修医4名

医学生、・医師をめざす高校生、予備校生の見学も可能です。

参加ご希望の方は下記までご連絡ください。

【お申し込み・お問い合わせ】

千鳥橋病院 臨床研修課(担当:松尾・柴田・利田)

TEL:092-641-2761(代表)