医系学生のみなさん、「KOMSA (九州沖縄医学生のつどい)」のお知らせです。

千鳥橋病院が所属する九州・沖縄の民医連では、毎年九州・沖縄の医学生が集まり、様々なテーマについて学び、交流をする医学生のつどい(KOMSA;Kyushu Okinawa Medical Students Association) を行っています。

今回で18回目を迎える今年は、「10年後の医療を考える」と題して、予防医療と地域包括ケアについて学びます。

参加費は無料です。2日間のうち、1日だけの参加も可能です。

興味・関心のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせ、ご参加ください。

これまでのテーマ

2012年「基地問題について」(開催地:沖縄)

2013年「貧困とヘルスプロモーションについて」(開催地:福岡)

2014年「医療とパートナーシップについて」(開催地:宮崎)

 

日 時:10月24日(土)13:30~25日(日)13:00

場 所:佐賀・川上峡温泉 ホテル龍登園

佐賀市大和町大字梅野120

内 容:講演「家庭医・患者での視点で地域包括ケアを学ぶ」

医学生持ち寄り企画「予防医療」

講 師:唐津市民病院 院長 大野毎子医師

神野診療所  所長 香月彰夫医師 ほか

主 催:全日本民医連九州沖縄地方協議会

 

お問い合わせ・お申し込みは、千鳥橋病院 医学生課まで。

http://www.chidoribashi-resident.jp/toiawase/

〇各大学の医系学生サポートセンター

http://www.chidoribashi-resident.jp/igakusei/support.html