ふくおか・さが民医連の新入生歓迎企画として、低学年を対象に『新入生歓迎!医療の現場で診るリアル医療体験』と題して、5月10日(土)千鳥橋病院にて開催しました。福岡大学、久留米大学、佐賀大学より5名が参加、2名の新入生が参加しました。

 

 

 

 

 

はじめに、千鳥橋病院 医学生委員長の佐々木洋平医師が開会の挨拶を行い、『医学生に伝えたいこと』をテーマに講演をしました。佐々木医師から、「大学時代は医師になる実感もわかず、大変な試験も多いと思うが、やりがいのある仕事が待っている。モチベーションが落ちたら実習に行って、患者さんと交流してみてください。」とメッセージを伝えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

AEDトレーニングは後期研修医の竹邉医師が担当しました。いつでも実践できる様にとアドバイスを行いながらトレーニングを行いました。

 

 

続いての縫合体験は佐々木医師と後期研修医の川本医師が担当しました。ほとんどの学生が縫合体験は初めてで、何度も繰り返し学びました。

 

 

〈参加者の感想〉

・日頃、大学の講義だけじゃ体験できないことを学べて良い経験になった。医療の道に進むのだと自覚できた。

・AEDトレーニングでは、以前知っていたことが古い知識になっていた。新しいことを学ぶ事が出来良かった。

・AEDトレーニングでは練習なのに頭が真っ白になってしまった。AEDや心臓マッサージの手順は、一度習っていてもすぐに忘れてしまうので、ポイントをおさえておきたい。医学生だから出来ないではなくて、医学生だからこそ出来るようになりたい。

・AEDも縫合も日頃、積み重ねておくことで本番に活かせると思った。

・縫合体験はOSCEが近づいているので貴重な体験になった。

・縫合は難しかった。実際の手術はもっと大変なんだろうと思った。モチベーションが上がった。

・今までは、もし人が倒れていても自分のせいで悪化したらどうしよう思い不安だったけれど、やらないよりもやった方がいいと分かったので、いざという時に動けるようになりたい。

・先生方がしっかりと指導してくださったのでありがたかった。

・民医連が大規模だと分かって驚いた。特に訪問看護ステーションの数が多く、地域に密着していると分かった。

・患者さんの笑顔を見るために頑張れると話を聞き、私もそんな風になれるかなと思った。

千鳥橋病院では、医学生のみなさんの見学・実習をお待ちしています。

病院ホームページからお気軽にお申し込み、お問い合わせください。

医学生のページ>病院見学のページ

http://www.chidoribashi-resident.jp/igakusei/#bosyu

Facebook 千鳥橋病院 研修医・医学生のページでも日々の情報を発信しています。

https://www.facebook.com/chidoribashi?ref=hl

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>