千鳥橋病院では7月30日に「夏休み一日医師体験会」を実施し、30名の高校生・予備校生が訪れました。

病院探検やレントゲン読影学習、血圧・血糖測定や1年目研修医の緑医師からは「研修医からのメッセージ」として、今年4月に医師になっての現在の思いや、高校・大学時代の話をしました。

 高校生・予備校生からは「高校2年生の頃はどんな勉強をしていましたか。」、「医師は大変ですか。」など多くの質問が出され、今回の医師体験が将来の目標へのイメージが膨らみ、勉強のモチベーションアップに繋がったという感想がありました。

病院探検では、薬剤部、リハセンター、千代診療所などを見学し、各担当者の説明に真剣に耳を傾け、医師以外の職種についても理解を深めました。レントゲン読影では、長浦医師の説明に、「ここがおかしいのかな。」、「あのレントゲンは正常と比べて違うのが分かる。」など興味を持って学んでいました。

次回の一日医師体験は8月23日(金)です。申込みは定員達し締切りましたが、2014年の春休みにも一日医師体験を開催いたします。詳細が決まりましたら、ちどりブログ、FB「千鳥橋病院 研修医・医学生のページ」などでお知らせします。

参加者の皆さんおつかれさまでした。またお会いできる日を楽しみにしています。

7月28~29日にKOMSA(Kyushu Okinawa Medical Students Assosiation, 九州沖縄医学生のつどい)の第2回実行委員会が福岡県宗像市の玄海ロイヤルホテルにて開催され、九州沖縄の各県から17名の学生が参加しました。

1日目 講演

「千鳥橋病院におけるHPHの実践~貧困とヘルスプロモーション~」

 講師:千鳥橋病院副院長 舟越光彦医師

質疑応答

スモールグループディスカッション(各グループに舟越医師が入り質問に答えました。)

交流会

【参加した学生の声】

・「初めてHPHの内容を知った」

・「健康は産まれた環境でも変わることを学んだ」

2日目 KOMSA本番(11月30日~12月1日)に向けて、テーマ、講師、フィールドワーク内容などを話し合いました。

これからさらに実行委員会の中で議論を深め、本番に臨みます。

第3回実行委員会は9月29日の予定です。