4月に移転し広くなった福岡民医連九大医系学生サポートセンターで、九大新歓企画シリーズ第1弾として、「ホームレス医療支援~ホームレスを取り巻く環境~」の講演会を行いました。

講 師:抱樸館福岡 館長 青木康二さん

テーマ:「絆が人を活かすから」

施設建設までの苦労や福岡市におけるホームレスの現状、利用者の手紙などをご紹介いただき、ホームレスを取り巻く環境を学んだ後、参加者(九大の医学生や留学生、九大職員、千鳥橋病院医師・看護師など)で博多区冷泉公園に移動し、ホームレス医療支援活動を行いました。

【参加者の感想】

・抱樸館が支援の取り組みを続け、福岡市が紹介するようになることに驚いた。

・ホームレスとハウスレスの違いの話が興味深かった。

・知的障害を持った方がホームレスになる事例を聞き驚いた。

・日本では障害を認められる人数が少なすぎると思った。

■抱樸館福岡とは、仕事・住まい・人との絆を失った人々の自立を支援するための施設。

社会福祉法人グリンコープが運営する第2種社会福祉事業、無料低額宿泊施設です。

http://www.fukushi-greencoop.or.jp/hbk-fukuoka/01towa.htm

今後の新歓企画

4月18日(木)18時~「被災者の講和と医学生のボランテイア活動」

http://www.chidoribashi-resident.jp/blog/2013/04/post-39.html

5月25日(土)九州北部豪雨被災地にボランティアに行こう

*時間未定(詳細が決まりましたらブログ、FBでお知らせします)

 

千鳥橋病院では3月22日、28日に春の高校生一日医師体験を開催しました。

2日間で55名の医療従事者を志す高校生・予備校生が参加し、中には今回で4回目の参加となる高校生もいました。

レントゲン読影会では胸部画像を見ながら読影について学び、病院探索では薬剤部、リハセンター、千代診療所を見学しました。参加者にとっては初めて見る医療機器や聞き慣れない医療用語ばかりでしたが、スタッフの熱意のこもったレクチャーに真剣にメモをとる姿もたくさん見られました。

血圧・血糖値レクチャーでは、初めての血圧測定や自分の指に針を刺すことに躊躇しながらも無事測定を終え、血糖値の仕組みを学びました(希望者のみでしたが全員体験しました)。

最後の医師・医学生への質問コーナーでは、研修医と医学生(福岡民医連奨学生)が仕事や大学生活について語り、フリートークの時間では大学入試の話などで盛り上がりました。

《参加者の声》

  •  医学部を目指すモチベーションが上がった。
  •  歳が近い大学生や研修医と話ができてよかった。
  •  何度参加しても楽しめる。地域医療にも興味がわいた。医師になる思いが強くなった。

*次回は夏休みに開催予定です。

 詳細が決まりましたらちどりブログ・FBでお知らせいたします。

福岡民医連九大医系学生サポートセンターが移転しました。

福岡民医連では医学生のみなさんが日常的に活用でき、実習や大学生活の相談にのれるように、九州大学病院の近くにサポートセンターを開設しています。

学生さんの自習の場としてもコピー機の利用や病院実習の案内も行っています。

毎週木曜日のお昼にはスタッフがこころのこもった手造りの食事を準備しています。どうぞお気軽にご参加ください。
学生さんの興味関心に応じて当院のベテラン医師や研修医が学習会を開催、院外の医療関係者や専門家の方を招いて学習会も開催しています。

患者さんの体だけではなく、患者さんの気持ちや家族の状況・社会背景を考えることのできる医師への成長をサポートします。

また、福岡民医連の奨学金説明会も随時おこなっていますのでご連絡ください。

http://www.chidoribashi-resident.jp/igakusei/#support

九大医学部正門を出て右手に進み徒歩2分、病院通り沿いです。

 

 

 

3月7~8日に引き続き、地域医療セミナー「地域の中で学ぶ初期研修」を3月21日~22日に開催しました。

参加者の6年生2名、5年生1名はこのセミナーで初めて出会った3人でしたが、とても仲良くなり和気あいあいと2日間を過ごして千鳥橋病院での研修を学びました。

レクチャー1 病院紹介&「患者中心の医療」

レクチャー2 「医療現場でのコミュニケーション」

「病院食試食体験」

実技「やってみよう!」 採血と血糖値測定

レクチャー3 「研修医からのメッセージ」

レクチャー4 「病院研修説明」

修了書を授与しました

当日の様子はこちらをご覧ください PDF表示 地域医療セミナー