研修医:与儀

──最初に与儀先生が医師を目指されたきっかけはなんだったんでしょうか。

病気だけではなく、患者さんと接する医療がしたかった

与儀:私、両親が医療関係者で、その働き方や患者さんのエピソードとか、そういうのは小さい頃からよく聞いてたりしてたので、医師の仕事自体がそうですね、何か憧れの仕事というよりは、身近な仕事だったのもあって興味がありましたね。特にうちの母親が看護師だったんですけど、例えば末期の患者さんが亡くなるときに、病院で亡くなるんじゃなくて、家に連れて帰りたいとか、「そのためにいろいろ取り組んで、いろんな人と協力して連れて帰ったんだよ」とか、そういう話を聞いてたので。

──では、先生が沖縄協同病院で研修を始められたきっかけはなんだったんでしょうか。

与儀:そうですね。きっかけ自体は、両親が働いていたというのがあるんですけど。あとは、人と関わるような医療がしたいなっていうのがあって。やっぱり、大学の研修とかと比べて、こちらで実習を受けると、患者さんとその家族、取り巻いている状況とかそういう問題に直面することが多いイメージだったんで、病気というよりは、患者さんと接する医療がしたいなというのもあって選びましたね。

──実際に研修されてみて、患者さんと触れ合う、身近にちゃんと感じられる研修はできているという感じですか。

与儀:そうですね。その分難しいですけどね(笑)医者っていう研修医の仕事自体が私にとってはすごい大変で、きつかったんですけど、やっぱり支えてくれる人たちがいて、自分が挫けた時に支えてくれたりする周りのスタッフの方とかみんなが温かかったので、何とか続けてますね。

チームの一員として、よりよい医療ができるように

──いま、後期研修の5年目ということですが、これから将来的にどんな医師を目指されてますでしょうか。

与儀:私、麻酔科なんですけど、麻酔をきちんとかけれるのに加えて、チーム医療を。手術室でみんなでいろいろ仕事をする上で、人間関係とかそういうのも大事にして、よりよい医療ができる人になれたらなとは思ってますね。

──先生自身、ご両親が身近に医療関係でおられたということですが、先生が目指す医師像や夢などがあれば、お伺いしたいのですが。

与儀:もう働いてる人たち皆さんすごく尊敬する人たちばっかりなんですけど、そういう中で初心を忘れずじゃないですけど、もちろん医療の技術は磨きながら、患者さんと寄り添った医療ができるようになりたいなと思いますね。

──なるほど。「患者さんと寄り添った医療」という、先生自身が目標とされている研修がいま実際できているなという実感はありますか?

与儀:そうですね。私は麻酔科なんで、直接接する機会っていうのは他の科に比べたら少ないんですけど、麻酔の手術の説明とか、あとは患者さんの術後の訪問をするときは、ちゃんとその人の人柄とかまで分かるような会話をするようには心掛けてますね。