研修医:山口

予想よりもすごくあったかかった。

――最初にですが、こちらの病院で研修をはじめられたきっかけはどういったものだったんでしょうか。

山口:きっかけは、大学の同級生のお父さんがここで働かれていて、その友達に「一度、一緒に見学に行かないか」って、誘われたのがきっかけです。
大学5年の夏ぐらいに、こちらのほうに見学させていただいて、病院の雰囲気だとか、すごく患者さんに親身になってあったかくしているんで、スタッフ間もすごく仲がよくて、研修医の先生も自分の目標にできるような、すごく優秀な研修医の方々ばっかりで、自分もこうなりたいなっていうのがありました。

――実際に研修をされてみて、最初の印象とは変わらないものでしたか。

山口:もう変わらず。予想よりもすごくあったかくて、指導もすごく熱心にしてくださっていて、患者さん思いのすごくあったかい病院でした。本当に地域医療っていうのを大事にしているっていうのが、働いてから余計に強く思えるような。

――もともと地域医療の分野に興味があったんですか。

山口:そうですね。学生のときから、あんまり一大専門に特化したことよりは、地域に根ざして、総合的に診れるような医師になりたいなっていう意識はありました。

――それは何かきっかけがあったとかではなく?

山口:まあ漠然とですね。大学のポリクリとかしてみても、すごく専門に特化されてて、自分の得意な領域は診るけど、ほかは何でもコンサルトみたいなのが、ちょっと嫌だったので。

――実際に研修を行ってみて、研修の特徴をどのように感じられていますか。

山口:専任指導医っていう、僕らの研修を中心的に指導してくださる先生がいるので、いつでもどこでも、相談しやすいというのがあります。その先生以外にも各科の先生たちもいつでもどこでも見掛けたら声を掛けて、ちょっと相談してっていうのもできやすいので、本当に科の垣根もなくて、相談しやすくて、とても仕事がしやすいと思っています。

――科の垣根がないっていうのはいいですね。

山口:まあそこが大学病院とは、全然違うところですね。普通の一般の市中病院も、大学と比べると科の垣根がないと言われてますけど、そこと比べてもさらに垣根が低いというか、本当に病棟でちょっと擦れ違ったときに、コンサルトっていうのもできるような、そういう病院です。

――やはり研修において、「相談しやすい」っていうのは、大きなファクターでしょうか。

山口:研修医なので、ちゃんと勉強はして入っては来てるんですけど、やっぱり紙の上の勉強と、実際の臨床現場では違うことがあまりにも大きいので、やっぱり僕らは相談しながらやっていかないと。患者さんに危害を与えるのが一番問題ですので。