研修医:眞川

“そういう医療”がいい。

──たとえば、尊敬する医師像とか、こういった先生をすごく尊敬できるななど、ご自分が目指すべき医療とからめていかがでしょうか?

眞川:今やってる研修内容とも関係すると思うんですけど、メインの病気だけじゃなくって、患者さんの気持ち、今病気になって苦しんでる気持ちをすごく考えて何とかしたいと思われてる先生がうちの病院にもいて。 例えば、家に帰りたいターミナルの患者さんがいます。家に帰りたいと言う。少しの間、何時間か家に帰りたいっていうのを病棟の看護師さんとか、理学療法士さんとか、事務の人とかいろんな人と協力して、それをかなえるために頑張られて。普段仕事で忙しいですけど、それでも頑張って時間をつくってそういうのを実現させてあげてる姿とかを見ると、そういう医療、そういうのはいいなと思いますね。

──今、医師になられた道を歩まれてるうえで、「やりがい」っていうのもやっぱりそういうところにありますか

眞川:患者さんが喜ばれてる姿とか、そういうところですね。すごく元気になって「良かった」とか、「ありがとう」という感謝の言葉とか。そういうところが一番のやりがいです。

ずっと働いていたいと思える病院で

──次に、研修先を選ばれてるような実習生や医学生の方などに対して、一言、応援メッセージやアドバイスをいただければ。

眞川:私は、今の病院は大学6年のときに実習に来て、その数年の研修のためにというよりは、ここでずっと働きたいと思って、就職しようと思って研修を始めたんですが、医学生の方には数年の研修だけじゃなくって、ずっと働いていたいと思える病院が見つかれば、それがは一番いいと思うので、そういう目線で研修病院探しをされるといいかなと思います。

──なるほど。じゃあもう先生は、研修終わっても宮崎生協病院でずっと働きたいというふうに今は考えられてるんですね。

眞川:はい、そうです。

──最後に、宮崎生協病院の医局を一言でいうと、どういった言葉になりますか?

眞川:病院全体が、患者さんの診療する上ですごく一体感を持って取り組める病院だと思います。自分が患者さんにしてあげたいことを聞いてくれて、頭から否定せず、それが正しいことであれば、尊重してくれて協力してくれる。う~ん、そうですね。「アットホームで、ストレスなくめいっぱい患者さんのために働ける場所ですね」。