研修医:眞川

──では、最初になんですが、そもそも宮崎生協病院で研修をはじめられたきっかけはなんだったんでしょうか。

「すごく居心地のいい1ヶ月」での、はじまり。

眞川:大学6年生のときに、宮崎生協病院で1カ月間、クリニカル・クラークシップと臨床実習を行ったことがきっかけです。で、実際に実習の中で、指導医の先生やとか、生協病院の職員の人たちと一緒に診療にかかわる機会があって、その1カ月の間がすごく居心地が良くって、ほかの職員の人たちとの距離も近くって、医局の先生たちもすごく気さくな先生たちばっかりだったので、ここでこのまま就職して、仕事をここでやっていきたいなと思ったのがきっかけです。

──その居心地のよさは、どういうところから感じたんでしょうか。

眞川:基本的な当たり前なことではあるなんですが、すごく明るく挨拶されているところが好印象でした。あと、自分が実習していることを多くの職員の人たちが知っていて、いろいろ声をかけてくださったりとか、実習に協力してくださったりとかして、自分が研修を始めてからも、そういうふうに応援してくれて、一緒に協力して、患者さんの診療に取り組めそうな病院だと思いました。

──実際に研修をされてみていま2年目ですが、手応えの方はいかがですか?

眞川:そうですね。ほかの病院で研修した場合と比べることはできないんですけど、実際に約1年半研修して良かったとは思ってます。どのぐらい力が付いたかとかは、なかなか比べられないとは思うんですけど、楽しく仕事ができてますし、そういう人間関係がすごくいいです。のもあって、先ほど言ったように、他の職員の人たちが応援してくださって、ほかの職員の人たちも研修医を育てようとみんなでしてくださってて、ストレスなく、研修できています。また、研修医がやりたいことをすごく応援して指導医の先生たちもやらせてくれます。てて、たくさん患者さんを持ちつっていう、持って経験をたくさん積むっていう研修もあるんですが、うちの病院は少ない人数の患者さんをじっくり診ることを大事にしています。るんですが、まだ仕事に慣れてなかったり、力が付いてないときに、あえてたくさん患者さんを持つっていう、持って経験をたくさん積むっていう研修もあるんですが、私にはこっちの少ない人数をじっくりっていう研修の方が合っています。

──1人、1人の患者さんに向き合いやすいということでしょうか。

眞川:はい、そうですね。そして、患者さんの困っていることに対してできるだけ調べて、できることなら解決をしてあげられることができるところがいいですね。

幅広い力=家庭医療

──次に、将来的にはどんな医師になりたいか、目指されているところをお聞きできたらなと思うんですけれども。

眞川:将来的には家庭医療を目指しています。根本には、誰かが困っていたら何でも役に立ちたいという気持ちが根本にあります。て、それがやっぱり医療者であればの場合は、医学、、身体的、精神的なことで幅広く役に立てます。が、まず、身体的なことがメインなんですが、そういうことを何でも取りあえず相談にのり、自分が解決、根本的に治療をできないにしても、とりあえず相談にのれて。多くの場合自分が解決してあげられて、解決できない場合は、解決できるところを紹介する、そういう幅広い力をつけられるのが家庭医療です。だと思うので。

──なるほど。現在は主に何を学ばれてますか。

眞川:いまは産婦人科です。 すごく新鮮で、まるで新しい世界の医療のように感じてます。必要になる医学的な知識も違いますし、自分がかかわる患者さんも年齢も若くて、もちろん女性ばかりなんで、今まで内科とかだと現在は高齢化になってて、70、80、90、100歳とかのお年寄りが多いんですけど、そういう違いもありますし。

──かかわり方の難しさみたいなところもありますか。

眞川:非常にもう。特に産科なんかはナイーブな科なので。そういうところは難しいですかね。あとは、子どもが生まれるっていう、お母さんにとっても家族にとっても、すごく幸せな場所に立ち合えるのはうれしいことですし。あと、子どももかわいいですしね。それ、見てるだけで癒やされます。