研修医:領家

──まず、領家先生が医師を目指されたきっかけはどういうことだったんでしょうか。

イメージしていた医師像と近かった

領家:高校生の時、自分がちょっと入院することがあって。その時に担当主治医だったのが女性の先生だったんですね。それまでは、特に身近に医者っていなかったですし、医療分野というのは興味はあったんですけど、その女性の先生といろいろと話す機会があって、女性としてもすごく一生をかけてやっていけるようなやりがいのある仕事かなというふうに思って、それがまず最初のきっかけですね。

──その中で、なぜ上戸町病院、民医連での研修を選ばれたんでしょうか。

領家:やっぱり、あまり専門化されていないところでジェネラルに診るような医者になりたいなというのは、漠然とありまして。医学部に入ってからも大学病院などで実習をしたり、大学の先生たちと接する機会もあったんですけど、やっぱり大学は専門にかなり細分化されてますし、科別になってるので、やっぱり自分の想像してたものとは少し違うかなっていうふうにも思ったんですね。そんな中で、上戸町病院や民医連とも出会いました。往診をしたり、診療所で医師が生き生きと働いて患者さんの全身管理をしてたりとか、そういう姿を目の当たりにして、自分がイメージしてる医師像とすごく近いなというふうに感じて、それで、民医連から奨学金をもらうようになりました。

──実際に研修をされて、「たすき掛け方式」として、他県にも研修に行かれてたっていうふうにお聞きしてたんですが、「たすき掛け方式」での研修というものは、実際に行って体験されてみてどうでしたか?

領家:そうですね。すごくよかったなっていうふうに思ってますね。私、父親が鹿児島出身なんで、個人的には割と近しいというか、そんなに知らない土地ってわけではなかったんですけど、やっぱり働いたことのないところに上戸町から突然行く、最初はやっぱり不安もあったんですが、同じ民医連ということもありますし、鹿児島の先生方もすごく快く迎え入れてくださって。上戸町では、同期が私とあともう一人の2人だけなんですが、鹿児島では同じような年代の若い医師たちが大勢いて、そういう中で、こちらとはまた違った環境で楽しく研修できたかなと思いますね。

──いまはこちらの上戸町病院に戻ってこられて、後期研修の1年目ということなんですが、上戸町病院での研修というのはどういうふうに感じられていますか。

領家:たすき掛けでの研修の2年間で、たとえば救急の症例数など、上戸町では足りない部分を鹿児島で補った形だったんですね。いま、上戸町に帰ってきて、やっぱりここで医者をしていくには、ここで求められる力量っていうのを再確認しました。鹿児島で求められるものと、ここで求められるものっていうのは、やっぱり少し違うなっていうふうに感じていて。で、いまは、上戸町病院にしっかり確立した後期研修プログラムがこれまでなかったので、同期の今村と一緒にプログラム作成をずっとしてまして、家庭医養成プログラムっていうのをつくっている最中なんですね。総合医、家庭医っていうところが、上戸町病院の内科をしていく上では、もう欠かせないもので、患者さんたちからのニーズっていうのもそこがすごく強いのかなっていうふうに感じていて。やっぱり上戸町病院は小さな規模ですし、これぐらいの規模の病院での内科では、総合医、家庭医っていうのが地域のみなさんからも求められてる姿なのかなというふうに感じています。