研修医:尾田

“赤ひげ”(加山雄三)みたいな医者に

──実際に研修をしてみてどうですか、見学・実習の時のイメージっていうのは、変わりました? それともイメージ通りでしたか?

実習に来たときは、もうちょっと暗い医局かなと思ってたんですけど(笑)。すごい静かで、実習1日ぐらいじゃなかなか話しかけづらいかなというのもあるとは思うんですけどね。でも、研修に来てみたら、院長先生から、副院長やほかの先生もみんな、話しかけてくださって。あと、診療についても僕が聞かなくてもいろいろアドバイスをしていただいたり。なので、僕が気付いてない問題点とかも、「あの人こういう状況だったけど、どうなった」とか、そういうことをよく聞いてくださって。

──先生は去年、「たすき掛け方式」という形で、鹿児島での研修に行かれたとお聞きしてるんですが、たすき掛け方式での研修の感想はいかがでしょうか。

尾田:そうですね。向こうは規模がこっちよりも大きくて、急性期や救急車もこっちより多くて。鹿児島での慌ただしさとはちょっと違う、こっちの病院の雰囲気が、両方楽しめるっていうのがいいと思います。向こうは、研修の間はどちらかというと、急性期の患者さんを診るっていう感じですけども、こっちは入院してから退院まで、退院してからも外来で持つので、患者さんをずっと管理するっていう点では、こっちのほうが慢性的な疾患に関しては、すごく勉強になると思いますね。入院前、入院中、入院後、その後の外来管理っていうふうに、入院時だけではなくて、その患者さんをずっと生涯を通して診ていくというふうになってます。

──そういう中で研修をされてて、喜びや、また悩みもたくさんあるかと思うんですが、先生が将来的にどんな目標を持って、いま研修されているのかということをお聞きしたのですが。

尾田:知識と技術は当然持っていて、あとは、やっぱり患者さんと上手に信頼関係をつくっていけるような医師になりたいですね。赤ひげに出てくる加山雄三みたいに。

──加山雄三ですか?(笑)

尾田:加山雄三です(笑)。

──患者さんの信頼を得るって、すごく難しいことだと思うんですが、患者さんの信頼を得るにあたっては、どういったところが必要になってくるというように考えられますか。

尾田:まずは当然、知識と技術がないと。それがまず第一に必要ということと。、それとやっぱり患者さんの背景を知って会話を聞いていったり、何も知らずに行くと、「なんでそんなことまで」とか「そんなところから聞くんだ?」っていうのも結構あるので。その患者さんの情報があるんだったら、前もってそれは集めておいて。 で、それでお話をすると、非常にスムーズに行きますね。

──そうですか。研修されてる中で、先生が尊敬する医師の方っていうのは、いらっしゃいますか。もしくは、憧れの“医師像”ということでもいいのですが。

尾田:この病院でいうと、大石院長のあのスパッとした診療と、何ていうか“スピード感”がある診療がすごい好きですね。あとは、副院長の池上先生ですけど、池上先生は患者さんを安心させる雰囲気がありますね。診療の話し方とかもやわらかい話し方で患者さんを安心させるような語りかけなんですよね。あと、話の聞き方とか。どちらの先生も全然タイプは違うんですけど、もうファンの患者さんがたくさんいらっしゃいますし。

──ファンの方がいるって、すごいですね。

尾田:はい。その先生じゃなきゃ駄目だっていう。

──先生にもファンが?

尾田:うーん、今んとこあんまり聞いたことないですね(笑)だから、そういうスピーディな診療ができて、かつ、患者さんを安心させるような診療ができたらいいなと。