研修医:尾田

──尾田先生はいま初期研修2年目ということなんですが、先生が医師を目指されたきっかけはどういったことだったんでしょうか。

教育→精神→内科

尾田:もともと医者になりたいとか、小さいころからあったとかじゃないんですが、 漠然と精神科医になりたいなとは思っていて。ただ、うちが貧乏だったもので、なかなか浪人はさせてもらえなかったんですね。だから、安全に第2志望だった教師のほうを目指して、大学で教育学部に行ったんですけど、教育学部に行ってるうちに、小児の精神の方に興味が出てきて。自閉症とか、フクロウ症候群とか、そういうのを大学の教育学部で研究して、その後、教育だけではちょっと救えないなというところがあって。で、「医学部に行き直そう」と、そういうことで医学部に入りました。医学部に行ったら行ったで、精神科よりも内科のほうが面白くなって、けっきょく今は、内科の方に行こうかなと思って。

──内科で見た魅力というのは、どういうところに面白さを感じられたんですか。

尾田:体の中でどういうことが起こっているのか? そういう病態を考えて、患者さんを診察し、また検査の結果から総合して、診断を付けるっていうところが面白かったですね。あとは、治療もたびたびうまくいかなかったり、教科書通りにはいかなかったりすることもあって、それを細かく修正していくとか。それに、いろんな患者さんがいて、いろんな身の上話を聞くのも面白いですし。

──そういう中で、いま研修医としての道を歩まれてる最中ですが、なぜ、このくわみず病院、民医連での研修医っていうものを選ばれたんでしょうか。

尾田:基本的には、僕は熊本からはあまり出たくないなというのがありました。あとは、ひとつのところで、長い期間かけて患者さんを診ていけたらなということがあります。民医連に入ったきっかけというのは、同級生が民医連で働いてたので、その同級生が「尾田君がしたいような医療してるけど、見に来ないか」っていうことで。で、1回見に来て。僕も学生のときは忙しかったので、数回しか病院には来てないんですけど、雰囲気もいいし、先生たちも優しかったので。「もうじゃあ、ここでやってみよう」かなっていう感じで。患者さんとも信頼関係を築いて、共に医療をしていくっていうところが僕にとってはむいてるかなっていうところです。