研修医:永村

総合医として力を発揮したい

──そういう中で医師になられて、やりがいなどはどういうところに感じられてますでしょうか。

永村:実際、まだそんなに「よかったな」と感じる場面は少ないかもしれないんですが、やっぱり自分なりのアセスメントとか、プランを立てたものが実際に行われて、患者さんが回復して退院していくといったところで。患者さんと接する機会が多いので、そのときに患者さんに「ありがとう」とか、そういう感謝の言葉を述べられたときは、やっぱりやってよかったなというふうに思いますね。

──将来的にどんな医師になりたいかっていう目標をお伺いしたいのですが。

永村:自分が目標としている医師は、当院で言うと総合内科の部長をされてる嵩原先生みたいな先生で、基本的に一つの疾患の専門を目指すのではなくて、総合的に幅広くいろんな科と連携しながら、診療・治療を進めていけるそういう医者になりたいなというふうに前々から考えてました。僕は県の奨学金を受けていて、その奨学金の返済という目的で、2年間離島に行く機会があります。そこでもしかしたら診療所とか、県立宮古病院のような公立とか県立の病院とか、そういうところで働く機会があって、そういう部分でも総合内科的な治療とかそういうのが求められると思うので、そういうところで力を発揮できるような医者になりたいなって思ってます。

医師になりたい──その動機を大事にして

──これから同じように医師の道を目指す後輩の方、中学生、高校生、医学生がたくさんいると思いますが、先生の経験の中からも含めてなにかメッセージをいただけますか。

永村:医者になりたいと思う動機は人それぞれあるとは思うんですよね。で、その中で医者になろうと思って大学受験して、医学部に入った学生さんとかに対してやっぱり思うのは、医者になりたいと思った動機を大事にして、目標をしっかり持ってやってほしいなというふうに思います。あと、例えば何科に進もうかって迷ってる先生もやっぱ多くて、初期2年間のローテーションを通してその道を決める人もいれば、最初から決めてる人も何人かいて。ただ、どの科もやっぱり医者というのは今不足してる状態で、かなりニーズは高いと思うので、夢はあきらめないで頑張っていい医者になってほしいなって思います。