研修医:永村

この病院自体の“雰囲気”で決めました。

──まず初めに、永村先生が医師を目指されたきっかけというか、なぜ医師になろうと決めたのかというのから、お聞かせ願えたらなと思うんですけども。

永村:そうですね。自分のおじが医者をしてまして。その影響を受けて、医者という仕事に興味を持ったのが小学生の高学年のころで、その頃から医者になりたいという気持ちが強くて、一種の「夢」ということで医者の道をずっと考えてて。で、運良く医者になれたということですね。

──そういった中で、なぜこの沖縄協同病院さんで研修を始められたんでしょうか。

永村:同期のいま一緒に働いている、高嶺という2年目の先生が奨学生で、その先生と一緒に実習に行く機会があって、この沖縄協同病院という存在を知りました。そうしたら、実は自分の部活の先輩とか知り合いの先生も多くて、その先生たちと一緒にお話とかそういうのを聞いてるうちに、すごくいい病院だなというのを学生の時から感じ、協同病院を自分の一つの選択肢として考える様になりました。それで、マッチングの時にまた実習に来て、ぜひこの病院で働きたいなというふうに考えて、応募したという感じですね。

──何が一番決め手となったんですか?

永村:民医連だからとか、そういうくくりで考えてたわけではなくて、やっぱりこの雰囲気ですかね。この病院自体の雰囲気。例えば、仲程院長の人柄とか、あとは先輩の指導の仕方とか、あとは知り合いの先生が多いというのも一つのきっかけですね。

──沖縄協同病院で働く方、皆さんけっこう雰囲気がよかったっていうことをおっしゃられるんですが、具体的に言うとどういったことでしょうか。どういったところが、雰囲気がいい原因なのかなという興味が。

永村:雰囲気……。そうですね。ほかの病院は自分はそれほど実習に回ってないので分からないんですけど、やっぱり、接し方とか、上の先生と、下の先生のコミュニケーションの取り方とか、そういう部分がすごくフラットというか、かなりコミュニケーションが良好なところが一番大きいかなと思いますね。あとは、飲み会の場とか、普段のカンファレンスもそうですけど、そういうところで上の先生方はすごく優しいという印象がすごくありますね。そういった点をまとめて雰囲気がいいっていう感じになるのかなと思います。